頭の柔軟さ

 

「友達からプレゼントをもらったんだけどね。見て見て!」

姪っ子が嬉しそうに報告してくれました。

「外側の箱はハロウィンなんだけど」

彼女の手元には、ハロウィン風のかぼちゃのデザインが施された小箱がありました。

「これを開けると」

そう言って、上ブタを開けてくれました。

「中には雪だるまのチョコレートとか、クリスマスなんだよ!」

「おお!」

「すごくない?」

「ハロウィンとクリスマスの両方を楽しめるね!」

「でしょう!うふふ」

確かに、この時期のプレゼントは、言ってみれば中途半端です。

その中途半端を逆手にとって、両方のニュアンスを取り入れてしまうとは!

(ピンチをチャンスに!ってところだろうか。)

「友達、やるね!」

素直に感心しました。子どもの頭の柔軟さに脱帽です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です