新美南吉「二ひきの蛙」

 

新美南吉の寓話はぐっと「ウチアタイ」することがよくあります。

この「二ひきの蛙」もそうです。

例によって青空文庫で全文を読むことができます。

こちら → 「二ひきの蛙

蛙同志が第三者からすれば「どうでもいいようなこと」について喧嘩を始めます。

それは、ちょうど冬が訪れる頃。

冬の間は冬眠しなければならないので、春に喧嘩の続きをやるぞと約束して二ひきは眠りにつきます。

やがて春になって目覚めた二ひきは、いったいどうしたでしょうか?

「もうけんかはよそう。」と言い合って仲直りするのです。

作者の最後の文章が愉快です。

「よくねむったあとでは、人間でも蛙でも、きげんがよくなるものであります。」

そうなんですね。イライラしてるなと思ったら、一回昼寝をするのも良い方法かも知れません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です