おすすめします。創作ミュージカル「ぱふぉ!」

 

本番の日がちょうど私の東京出張と重なっていて、観劇することができないのが残念でした。

けれども、やはりどうしてもあきらめきれないので、昨日無理を言って彼らの「通し稽古」を見学させてもらいました。

 

 

一言でいうと、素晴らしかったです!

彼らのオリジナル・ミュージカルとのことですが、びっくりしました。

 

 

まず、導入部。

それぞれのキャストの個性が明るく華やかに披露されます。

4つほどのグループがあり、表面上は幸福に見えて仲良く、苦労など知らぬ天真爛漫なテンションで舞台中を踊り駆け回り、明るい歌声が突き抜けていきます。

けれども、物語がすすむに連れて、キャストは深く語り始め、彼らの本心の声を聞くことになります。

 

そんなある日、彼らの住む町で、ひとつのイベントが告知されました。

「パフォーマンス・コンテスト」

優勝した団体には名誉とともに賞金が用意されています。

 

彼らは喜び勇んで参加表明したでしょうか? 否、そうではありませんでした。

それぞれのグループで、このコンテストに参加するかどうかで激しい口論がはじまります。

参加の有無の決定は、彼ら一人ひとりの意志や目的(なぜ、そのグループに帰属するのか)の再確認の作業でもありました。

それは、自分自身と世界との関わりの再確認の作業でもあったのです。

そのとき、それぞれの人生の過去、現在、将来に対する不安などが吐露されていき、時には深く傷つき諦める者、そこから立ち上がり歩き始めようとする者、すでに過去の自分から決別し前進することを信条としている者、それぞれが新たな人格へと脱皮していきます。

 

「人は人によりて人となる」

青春時代の、若い頃の希望も願いも、そして苦味も思い出させてくれるミュージカルでした。

素晴らしいミュージカルだと思います。

フライヤーでは、このミュージカルの楽しさ、面白さ、深さが伝わっていないのではないかと危惧しています。

 

快作です。

ぜひ御覧ください。おすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です