台風のあと

 

台風6号に関しては、どんな台風でも決して侮ってはいけないということを改めて思い知らされた台風でした。

本音を言うと、暴風域がないということでかなり甘くみていたと思います。

けれども、残した爪痕をみると、何年かに1度の記録的な大雨だったり、最大瞬間風速を記録したりで、決してたやすい台風ではありませんでした。

やはり、沖縄近海の海水温が上昇していたのでしょう。本当に近づくに連れてエネルギーが増大していく感じでした。

被害を受けられた方には、心よりお見舞い申し上げます。

 

一方で、台風6号が雨をもたらしてくれたのも事実です。

40%台前半までに落ち込んでいたダム貯水率も70%近くまで上昇しました。

けれども、まだ平年値よりも低い水位です。これからの雨だのみという状況は変わっていません。

節水のご協力をよろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です