小さな親切

 

今日6月13日は「小さな親切運動スタートの日」だそうです。

 

1963年3月に東京大学の卒業式告辞の中で、茅誠司総長が「小さな親切を勇気をもってやっていただきたい」と言ったことがきっかけになって、その3か月後の6月13日に運動が発足されたのだそうです。

「”小さな親切”を勇気をもってやっていただきたい。そしてそれが、やがては日本の社会の隅々までを埋めつくすであろう親切というなだれの芽としていただきたい。
大学で学んだ様々な知識や教養を、ただ頭の中に百科事典のように蓄えておくだけでは立派な社会人とはなれません。
その教養を社会人としての生活の中に生かしていくには、やろうとすれば誰でもできる”小さな親切”を絶えず行っていくことが大切です。
“小さな親切”はバラバラな知識を融合させる粘着剤の役目を果たすのです。」

「公益社団法人「小さな親切」運動本部ホームページ 「小さな親切」運動本部について」より)

 

東京大学卒業式告辞 1963年(昭和38年)3月

 

どんな時、どんな人に対しても、親切であり続けたいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です