「籠る」

 

ある研究会での会話です。

私の知り合いの、先輩と後輩の会話でした。

 

「最近、見ないけど、何かあった?」

「そうですね。なんだか…。」

「面倒くさくなった?」

「そういうわけではないんですが…」

「じゃあ、巣籠りの時期だ。」

「巣籠り?ですか?」

「そう、巣籠り。鳥は巣を作って、卵を産んで、ヒナを育てて、時期がきたら巣から飛び立つ。いつか飛び立つための巣籠り。」

「…ヒナはまだ育ててませんけど(笑)」

「ヒナというのは自分自身のこと。飛び立つためには、人は巣籠りの時期が必要なんだよね。」

 

面白いたとえだなあと思いました。

 

「籠る」という日本語には、何か心の内側を温める、良い響きがあるように思います。

籠って何かをする、何かをしないまでも、籠ると、少しずつエネルギーを蓄えていくイメージです。

 

「山籠り」なんて言われたら、それこそパワーアップする秘密特訓のにおいがプンプンします(笑)。

ヒーロー漫画の読みすぎでしょうか?(笑)

 

私もたまには籠りたくなってきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です