挫折を描く

 

最近の風潮なのでしょうか。

マンガでもヒーローものの映画でも、挫折のどん底に落とし込むことが多くなった気がします。

昔はどんな窮地に追い込まれようとも「それはありえないだろ」というぐらいの起死回生、一発逆転満塁ホームランが出てきたものですが、そのワンパターンを嫌ったものなのか、ストーリーの後半にも登場人物にとってのどん底が待ち構えていたりします。

 

世の中がヒロイズムを否定しはじめているのかな?

現実社会の投影…を持ち込むには、私たち観る側の方がそれほど寛容ではない気もします。

それで励まされる方もいるかも知れませんが、現実の「私」が挫折に近い場所で生活しているからこそ、それを一時でも忘れさせてくれるエンターテイメントを求めている方が多い気がします。

私は「ワンパンマン」でスッキリしますし、好んで読みます。荒唐無稽だからこそ、楽しめます。

 

エンターテイメントって難しいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です