憧れの早朝ラン(京都出張編)

 

内科学会に参加するついでに、憧れの「出張早朝ラン」を計画しました。

と言うのも、学会の窓口を通して予約したホテルが、伏見稲荷大社の近くで、これはやらない手はないだろうと思ったのです。

 

伏見稲荷大社と言えば、大人気の観光スポットです。

開所時間を過ぎた後では、人混みがすごくて到底ランニングなど出来るはずがないだろうというのは大体予想がつきました。

なんとか開所前の早朝なら、という期待だけで計画しました。

 

私なりに頑張って早起きをして、午前6時前にはホテルを出発して、スタート地点に到着しました。

小雨も降っていましたが、雨男なのでその準備はしてきています。

ランニング用のビニールポンチョを被って、雨対策して走りはじめました。

予想通り、人の姿もほとんどないようです。

 

 

要所に道案内図があるので、わかりやすく助かりました。

やはり目指すのは山頂にある一ノ峰です。

 

千本鳥居をくぐりながらのランニングは幻想的で、200メートル超の登りだったのですが、一気に気分が高揚してきているのが自分でもわかりました。

 

本当に夢のような贅沢な時間を過ごしたと思います。

 

途中で、杖をつきながら慎重にゆっくりと石段を下っていく高齢のご婦人達に会いました。

あいさつをすると、「お元気ですね」と明るい返事が返ってきます。

「私達は午前3時に出発したんですよ。」

私は山頂の一ノ峰のみの参拝でしたが、この方たちはひとつひとつに丁寧に参拝してきたのでしょう。

「お疲れ様でした。ずっとお元気でいてくださいね。」

そう言ってお互いの幸せをお祈りしました。

 

気がつけば、雨も気にならないさわやかな早朝ランニングになったと思います。

私の日常の穢れも少しは落ちてくれたかも知れません(笑)。

 

コメントを残す