「なぞなぞ」の解答

 

3月8日のブログに「なぞなぞ」の投稿をしました。

 

会長講演で「物語」について説明するのに、どんな方法がいいかと試行錯誤している…ということで、実際に講演で使った「なぞなぞ」です。

 

「解答は、講演が済んでから…」という文言をちゃんと覚えてくれて、今日クリニックに訪問した際に答えを質問してくれた方がありました。(ありがたいことです。当の本人がうっかり忘れてしまっていました。)

 

この手のなぞなぞが得意な方はたくさんいらっしゃるので、ある意味有名ななぞなぞなのかも知れませんね。

答えは下の通りです。

「なあんだ」と思ってはいけません(笑)。そう思ったということは、なぞなぞの出題者の思惑にひっかかったことになります。

 

これの別バージョンにこういうものがあります。

「ある男が言いました。

『私は神通力の持ち主である。私が念ずれば、必ずや雨を降らすことができる!』

人々は疑いましたが、実際に彼の言うとおりになりました。彼はどんな方法を使ったのでしょう。」

 

そう、答えは「雨が降るまで念じ続けた」です。

 

 

講演では、「前後関係」と「因果関係」の例えに、このなぞなぞを登場させました。

 

 

コメントを残す