ワカリビーサ?

 

今日はだいぶ肌寒くなっていました。

前田の実家では、この寒さが「ワカリビーサ」なのかどうかを両親と話していました。

 

母が「この寒さは『ワカリビーサ』かね」と問いかけます。

父は「いや、まだ早いんじゃないかな。『ワカリビーサ』は3月の末ぐらいにくるんじゃない?」

 

「ワカリビーサ」とは「別れ寒さ」

寒い冬とお別れをする前の(言い換えれば、春を迎える前の)冷え込みのことを言います。

 

つまり、最後の冷え込みという意味ですが、両親が指摘していたのは春分の日もまだ迎えていないということ。

3月21日が春分の日ですから、そのあたりに「ワカリビーサ」がくるのではないかと言っているのでした。

 

予報によると、この週末はやや冷えるようです。

日曜日は沖縄県人工透析研究会がありますので、天気は晴れてほしいものです。

 

 

コメントを残す