インフルエンザ流行状況(2017年第48週)

 

NAHAマラソンが過ぎて、沖縄も急に冷えた気がします。

朝のミーティングではスタッフが「スマホで確かめたら13℃だった。」とびっくりしていました。

本土の気候と比ぶべくもありませんが、沖縄の人間にとって気温の変化は(特に急激な寒さは)体が追いついていかない感じがします。

咽喉の痛みや咳、鼻水を主訴に受診される方が急に多くなってきました。

 

インフルエンザの流行状況でも那覇市保健所管内で定点患者報告数が8.50人と前週の6.92人から増加していっています。

注意報基準値が10人以上ですから、基準値を上回っている地域はありませんが、本格的な冬を迎えますから、注意が必要です。

 

 

注意喚起はしつこいぐらいがちょうどいいのかも知れませんね。

手洗いと咳エチケットはお互いに声をかけあって、しっかりと取り組んでいきましょう。

 

コメントを残す