平凡なことを続ける

 

「天才とは、努力する凡才のことである」と言ったのはアインシュタインでした。

またマラソンの瀬古利彦さんを指導した中村清監督は

「非凡なる人は非凡なことをする人あらずして、平凡なることを非凡なる努力でする人なり」

という言葉を残しました。

 

誰にでもできるような普通のこと(平凡なこと)をただひたすらに努力する。

とても簡単なことではないです。

そして、それを続けてトンデモナイ力を得たヒーローがいます。

 

 ワンパンマン ONE著 村田雄介イラスト

 

主人公のサイタマは、誰もヒーローとは気づかないほど平凡で、とてもカッコイイとは言えないスタイルです。

けれども、「ほとんどの敵をワンパンチで仕留めてしまう」ほどの最強の男なのでした。

弟子入り志願のジェノスが、その強さの秘密を教えてほしいと尋ねたところ、サイタマの答えは

「腕立て100回、腹筋100回、スクワット100回、そしてランニング10km、これを毎日やる!!!」

というものでした。

それは一般的な筋力トレーニングで大してきつくもないと言うジェノスに対して「毎日だぞ!どんな時も毎日だぞ!」と訴えるサイタマがおかしくもあり、「確かに毎日は大変だよな」と共感してしまう自分がいました(笑)。

 

ワンパンマンの強さにスカッとしながら、そう言えばイチロー選手もこういうタイプだよなあと思い出していました。

「平凡なることを非凡なる努力でする」

言葉だけでなく、それを淡々と実行してしまう人はやっぱり非凡な人です。

 

 

コメントを残す