マイナスの要素にプラスの要素

 

 愛することは許されること 渡辺和子著

 

渡辺和子さんがこんなことをおっしゃっています。

 

「つまずくことも、転ぶことも、だまされることも、裏切られることも、決してそれ自身嬉しいことではないし、自ら望むべきことではありません。しかしながら、どうしようもなく、それらが〝来る〟時、そういうマイナス要素からさえ、プラスの要素を掴みとることが人間にはできるのです。」

 

 

そう、「困ったこと」が全て悪いことではないとおっしゃっています。

 

一見、表面的には「悪いこと」が、受け取り方と行動の仕方で、実は自分には必要だったことで、大切なことの呼びかけだったのだというのは、あることです。

 

それができるようになるには、やはり無手勝流ではだめで、先人たちが遺してくれた言葉の数々が役に立ちます。

 

「読書は人生を助けてくれる」と言うのは、そういうことなのだと思います。

 

マイナスの要素からプラスの要素を掴みとることができるように、物語にはそのヒントが散りばめられています。

 

 

コメントを残す