雨と台風

 

最近は、ゲリラ豪雨的な土砂降りは時々みられますが、「そう言えば、まとまった雨って降っていないんじゃないか?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

やはり、こういう時は「ダム貯水率」が気になるところです。(やっぱり強引にそこに持って行ってしまいました(笑)。)

平年値が78.2%。10月2日現在で78.4%となっています。

雨が降らなかった時の、グラフの直線的な下降の傾斜角度は昨年とほぼ同じですね。

ただし大きく違うのは、昨年の下降開始が10月半ばだったのに対して、今年は7月半ばから下降し始めていることです。

 

そして、「台風18号は大変だったけれど、今年は台風が来なかったね。」と結論づける方がいます。

「昼間は暑いけれど、朝夕は秋っぽくなってきたし、もう台風シーズンは終わりかな?」と言う方もいます。

けれども、それは少し早い気がします。

 

気象庁のサイトに台風の発生数を示した表があります。こちら→ 「気象庁 | 台風の発生数」

昨年までの直近5年間で10月は平均4.6個。

2011年のように1個という年もありますが、毎年大きな被害を出しているのは「秋台風」です。

 

油断しないで、まだまだ今後の台風情報には注意を向けておきたいと思います。

 

コメントを残す