あたたかく受け容れること

 

渡辺和子さんは、その著書「愛をこめて生きる」の中で、インドの詩人タゴールの詩を紹介してくれました。

「死ぬ瞬間 死とその過程について」(E.キューブラー・ロス著)にもタゴールの詩が掲載されていたのを、このブログでも以前に紹介させていただきました。こちら→「タゴールの『祈り』

 

人生とは、自ら求めたのではない境遇、立場、仕事、老いも、病も、死さえも、不本意ながら受け容れざるを得ないことがあります。

それをあたたかく受け容れ、ひたすら耐える力を求め祈ることこそが、人間のなすべきことと言えると、渡辺和子さんはおっしゃっています。

 

タゴールの詩です。

(以前に紹介した詩と訳は違えど元は同じ詩のような気がします。)

 

 

私が願うのは

危険から護られることではなく

危険のさなかで

恐れないことです

 

哀しみのどん底

心のはげしい痛みの中で

慰めてもらうことではなく

哀しみを克服し

勝利をうたうことなのです

 

逃げ場がなくなった時も

勇気を失わせないでください

世間的にも大失敗し

挫折の連続に遭っている時も

その害が取り返しのつかないものだと

考えない恵みをいただきたいのです

 

あなたが来て私を救ってくださる ―

これを私は願っていません

私が願うのは

のりこえてゆく力です

 

あなたは私の荷を軽くしたり

慰めてくださらないで結構です

ただ 私が重荷を担う

その力をお与えください

 

喜びの日に

謙虚に頭を垂れ

私はあなたを思い

あなたの存在を認めます

 

暗い悲しい夜

失意以外、何もない夜にも

ああ 決してあなたを

疑うことがありませんように

 

 

 

 

コメントを残す