オーディオブック「火花」

 

毎朝、外来では診療が始まる前にクッシュボール・ミーティングをしています。

水曜日の朝に、あるスタッフがこんな報告をしてくれました。

「以前から俳優の堤真一さんの大ファンで、彼が朗読をしている「火花」のオーディオブック(CD)を那覇市立図書館で見つけた。さっそく借りて出勤途中の車で聞いているのだけれど、これがすごく面白い!」

 

 火花 原作:又吉直樹 朗読:堤 真一

 

「火花」というのは、もちろん芸人の又吉直樹さんが書いた芥川賞受賞作品です。

物語の語り手の売れない芸人徳永と、先輩芸人の神谷が絡み合い、それぞれの人生を歩み出していくという小説です。

 

会話が多い小説ですから、オーディオブック化はありかもと思って、私も聞かせてもらいました。

スタッフが大絶賛するのも頷ける作品でした。

堤真一さんの朗読が素晴らしく、非常に面白かったのです。

小説の方は以前に読んだのですが、朗読で聞くとまた新鮮で、聞きながら思わず笑いがこぼれたり、イメージが広がっていくのを感じました。

 

これはかなりおすすめです。

 

コメントを残す