インフルエンザ流行状況(第42週)

今週に入って、クリニックでも日常的にインフルエンザに罹患した方々が受診するようになってきました。

確実に流行してきている印象です。

 

先日、第42週のインフルエンザ流行状況が発表されました。

それによると、沖縄県全体の定点あたりの患者報告数は10.03人で、注意基準値を超えています。

そして「10人」の基準を超えましたので、沖縄県全体に「インフルエンザ注意報」が発令されました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-23-36-05

前週は那覇市と南部保健所管内のみでしたが、今回は中部管内が新たに加わりました。

気になるのは、南部管内の増加の程度です。今後、大流行する危険性があります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-23-36-26

 

手洗いや咳エチケットを改めて徹底させましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です