今年最後のプロデュース・ミーティング

月に1度、クリニック全体のスタッフミーティングを開催しています。今日はそのミーティングの日です。

「わずかでもいい、新しく何かを生み出すミーティングであって欲しい」という願いを込めて、「プロデュース・ミーティング」という名称にしました。

 

しかし、どこの組織でもミーティングのあり方には、苦労されているのではないでしょうか。

本屋には「会議の方法」や「ファシリテーター」などのハウツー本が、所狭しと陳列されてあります。

それだけチーム作りに苦労している方々が多いということでしょうね。

私も、理想のミーティングを実践している組織に対する憧れがあります。

ただ、それを求めてしまうと、決まって自分の力不足を痛感することになって、少し落ち込むのです。

 

今回は今年最後のミーティングですから、今年を振り返りたいと思いました。

あっという間に過ぎた感の1年でしたが、本当にいろいろなことがありました。

クリニックとして新しいことのチャレンジもありました。

スタッフもよく頑張ってくれて、主要な学会では日頃の経験を発表してくれました。手前みそですが、どの発表も素晴らしかったです。

 

今年を振り返ったうえで、来年に向けてのビジョン、青写真を描きたいと思っています。

いろいろと課題は山積みですが、やりがいがあります。ワクワクしています。

 

プロデュースミーティング

 

 

コメントを残す