在宅血液透析の初日

さくだ内科クリニックでは、かねてより在宅血液透析の準備をしていました。

その準備期間があっという間に過ぎて、いつの間にか本番初日を迎えていました。

 

昨日8月1日に、ヤキモキする私に透析開始を知らせるメールが届きました。

「初回在宅透析、とりあえず無事に始まりました。」

 

メールを見て、ほっとするやら嬉しいやら、何とも言えない気持ちになってクリニックのスタッフみんなに連絡網一斉メールを出してしまいました。

本来なら、台風時の勤務状況など緊急連絡に使う「一斉メール」です。

ですから、タイトルは「緊急メールではありません」にしました(笑)。

 

「いきなりのクリニック連絡網メールですが、緊急メールではありません。スタッフの皆さんと共有したいと思ってメールをしています。」

「先ほど、初回の在宅血液透析を開始させました。」

「開始時と終了時に私の方にメールをして透析状況が把握できるようにしました。
透析記録表はPDF化してその日のうちにメール添付してもらいます。」

「今後、いろいろなことがあると思いますし、皆さんにもいろいろご協力をお願いすることになるかと思います。
よろしくお願いします。」

 

沖縄にも在宅血液透析を普及させていきたい。

透析をしている人が多くの選択肢を持って、自分の生活を取り戻してもらいたい。

これからクリニック・スタッフのみんなと一緒に前を向いて歩いていく道です。

 

この機会に立ち会えたことに、ただただ感謝です。

そして、これからもよろしくお願いします。

 

IMG_1860

 

 

1件のコメント

  1. 佐久田先生色々な取り組み凄い!
    在宅HD患者さんのトレーニングも大変じゃないですか?自己せん刺ですか?
    設備等はリースでしょうか?
    患者さん目線でのサービス提供素晴らしいですね!頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です