運動療法の必要性

 

長時間透析は運動療法で補完しなければならないと切実に感じています。

 

先の長時間研究会で透析患者の運動療法について講演された先生の指摘が胸にささったものです。

改めて、数字で示されると、正直焦りました。

 

以下のスライドは、そのお話を元に私が作りなおしたものです。

16日の沖縄県人工透析研究会の発表に使うつもりだったのですが

話が雑多になってしまったので取り下げました。

 

オーバーナイト透析を経験して7

 

透析時間が4時間でさえベッドで休んでいる時間をまとめると39日間であるということ。

1日の活動時間を24時間としても、26日間です。約4週間ということ。

こういう見方をすると、実感として迫ってきますね。

 

筋肉を落とさないような対策、工夫をしなければなりません。

先に取り組んでいる先生たちから学ぶことはたくさんあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です