「生き方 ― 人間として一番大切なこと」

 

だいぶ前ですが、稲盛和夫氏の著書で私が最初に読んだ本です。

 生き方―人間として一番大切なこと 稲盛 和夫著

 

この本は生き方を鼓舞するような力強い言葉が連なります。

 

「すさまじく思うこと」

「一日一日を“ど”真剣に生きる」

「神が手を差し伸べたくなるぐらいにがんばれ」

などなど。

 

私は、すぐにシュンとするような人間なので、たまにこの本を持ち出してきては消えそうな火を燃やしてもらいます。

 

そうそう。

マインドマップの練習にと、この本の内容をまとめてみたことがありました。昔のことです。

マインドマップを扱いはじめた初心者の頃のまとめなので、マインドマップの出来としてはどうかと思うのですが。

 

下に載せておきますね。

生き方 人として一番大切なこと 稲盛和夫

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です