なかなか気候に追いつけない

 

日曜日は2ヶ月に1回の自治会の清掃でした。

2か月前には所用で参加できなかったので、今回は是非参加せねばと前の夜から心して早寝するほどでした。

鎌を持って草刈りをするのは、ちょっとした「無の境地」の作業なので嫌いではないのです。

しばらくして、背中越しに成果を見ると、満足感も得られますし

幼いころに手伝いをした「うーじ倒し」にも通じるものがある気がします。

 

ただし、私は正真正銘の雨男です。

気合いが入るほど、雨が降る傾向があります。

 

そう。その日も草刈りをしている最中に結構な雨が降り出しました。

「雨が降っているから、だれも出てきていないと思ったら、姿が見えたので…」

と会長さんもわざわざお声をかけてくださるほどの悪天候でした。

 

次女に手伝ってもらいながら、「雨がやむのを待つか、濡れながら作業を続けるか。」と娘に訊きました。

「いつ止むかわからないのをあてにするより、どうせ濡れたのなら続けたい。」

なんだか名言っぽいねえとお互いに笑いながら、濡れねずみになって作業を続けることにしました。

 

何とかの法則?にあるのかわかりませんが、作業が終わると見事に雨がやんでしまいました(笑)

こういうのは慣れているので、さわやかに笑うことにしています。

「やまない雨はない。」

 

DSC_0401

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です