ムツゴロウさんと私

 

中学の頃、ムツゴロウさんの本にどっぷりと浸かっていました。

ちょうど文藝春秋社から「畑正憲作品集」が出た時期で、それを毎巻買い揃えながら、ムツゴロウさんの文章に浸りきっていました。

そもそもが学校の図書館に「ムツゴロウの絵本2 ヒグマの巻」があって、それを偶然に手にしたのがきっかけでした。

mutsuhiguma

夢と理想を実現するために北海道の無人島「嶮暮帰島」に移住してヒグマの子と暮らしたり

世に知れた「動物王国」を建国したり。

 

佐久田少年にとって、ムツさんの生き様は衝撃的で憧憬の的だったのです。

やることなすこと生命力に溢れていましたし、損やリスクを承知で飛び込む潔さにしびれました。

 

この間、実家に帰った時に自分の部屋の本棚にあった「畑正憲作品集」を全部運んできて院長室の本棚に並べました。

 

ぱらぱらと本をめくりながら、ふと我に返って

「俺ってもしかして今もムツさんの真似してるのかなあ。」

 

中学時代に抱いた憧れが、ずっと続いているのかも知れないと気づいたのです。

それもまんざらでもないなと思いながら、ひとり笑っていました。

何を真似してるのかはもちろん恥ずかしくて言えませんが。

mutsugorou

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です