10月になりました

 

10月になりました。

早々と下半期になりましたね。

 

これからいよいよ始まることもあり、また、核となることを守るために

捨てていかなければならないこともあります。

 

個人と同様、「このクリニックの存在が誰のため、何のために必要か」という問いに

回答を用意しておかなければなりません。

 

以前に紹介したインドの詩人、タゴールの詩です。

 

 私は眠り夢見る。

 生きることがよろこびだったらと。

 私は目覚め気づく、

 生きることは義務だと。

 私は働く ― すると、ごらん、

 義務はよろこびだった。

 

少しでも「問われている存在」を自覚して、前進していきたいと思います。

 

DSC_0036

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です