真っ正直な馬鹿をとことんやると笑顔と勇気をもらうこと

 

世界中のマジシャンが彼のようではありません。

けれども、私は久しぶりに大笑いしたのと勇気をもらいました。

そうだなあ。最近、なんだか縮こまっているし夢を語らなくなったし、ワクワクもしてないなあ。

そんな時に、TEDのビデオでこんなマジシャンに出会いました。

デイビッド・ブレイン。

20分間の動画で少し長いですが、私のように最近低調な方におすすめです。

「馬鹿だなあ」

「何もそんなことに一生懸命にならなくたっていいのに。」

そう思っているうちに、なんだか自分が悩んでいることさえも同じレベルの「馬鹿さかげん」に思えてきて

大笑いしてしまいました。

そして、いつの間にか応援していました。

最後に、彼が自嘲気味につぶやきます。

「これが私の人生です…」

このユーモアは突き抜けていますね。

 

プレゼンの冒頭の彼の導入部分の言葉です。

「マジシャンとして私が目指すのは

人を立ち止まらせ考えさせることです。」

 

そして最後の閉めの言葉。

「マジシャンとして私は

不可能だと思われることを見せようと試みています。

 

マジックは息を止めることにしたって

カードを操ることにしたって

きわめて簡単なことだと思います。

 

マジックは練習でありトレーニングであって

自分のベストまで痛みを耐え抜きながらする

練習であり トレーニングであり 試みであるのです。

それが私にとってのマジックです。」

 

時間のある時に是非ご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です