映画「ガンジー」

 

学生時代にマンガ喫茶によく入り浸っていました。

少ししてから、世の中にビデオ喫茶が出てきて

「個室でビデオを観るってナンなんだ?」

って思っていましたが、ひょんなことから同級生のS君と二人で入ることになりました。

 

琉大付近ではなく、わざわざ国際大学のそばのお店まで足を運んだ気がします。

 

今となっては、なぜこの二人なのか、どうしても思い出せないのですが

S君が部活かバイトかまでの時間つぶしに、いつでも暇そうに見えるわたしを誘ってくれたのかも知れません。

 

実は、暇つぶしとは言えないほどの大作を選んでしまっていました。

いまだにそのタイトルを忘れようがありません。

 

 

「ガンジー」です。

「非買運動」や「塩の行進」「非暴力不服従」

歴史が物語る彼の偉大さと同時に、映像で見る彼の人間らしさに圧倒されていました。

 

 

神はすごい人を地上に現したものだ…。

S君と二人、観終わった後も、しばらく立ち上がることができなかったのを覚えています。

 

 

社会人になって、時々見直したいとDVDを購入しました。

ガンジーが持つまっすぐな意思は

「無私」の怒りとも、「痛み」を負った怒りとも言えるような気がします。

彼が怒っている時、本当に哀しげで切ないように見えるのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です