「六つの精進」

 

稲盛和夫氏の有名な「六つの精進」は

ひとつひとつが人として生きていくのに大事にしたい言葉です。

 

一、誰にも負けない努力をする

  人よりも多く努力・研鑽し、それを継続する。
  不平不満を言わず、常に前進・向上を目指す。

二、謙虚にして驕らず

  謙虚な心が幸福を呼び、魂を浄化させる。

三、毎日の反省(利己の反省、利己の払拭)

  自己中心的でないか、卑怯でないか、自省自戒して改めるよう努める。

四、生きていることに感謝する
   (幸せを感じる心は、足るを知る心から生まれる)

  生きていられるだけでも幸せ。どんなことにも感謝する心を持つ。

五、善行、利他行を積む

  善いことを行い、他人に利益をもたらす。
  思いやりのある言動を心がける。

六、感性的な悩みをしない

  いつまでも不平を言ったり、心配しすぎたり、くよくよ悩んだりしてはいけない。

 

 

自分の胸にこぶしをポンッと叩いて。

さあ、やるぞと前を向きたいと思います。

 

My beautiful picture

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です