数字の遊び

 

ネットを見ていたら、面白いお話がありました。

 

数字の好きな方にはたまらないお話かも知れません。

 

東工大のネタとしてあがっていました。

教授    「それでは2013年最初の講義を行います」

東工大生 「(素数じゃねえのか…)」

教授    「さて今年は1987年以来となる『4桁全部がバラバラ』の年としてですね…」

東工大生 「うおおぉぉぉぉ!!!」

教授       「しかも2019年まで続きます」

2013年

 

野暮を承知で説明を重ねると、つまり、こういうことです。

1987年

1988年  8が2つ

1989年  9が2つ

1990年代 9が2つ以上

2000年代 0が2つ以上

2010年  0が2つ

2011年  1が2つ

2012年  2が2つ

2013年

そして、これが2019年まで続いています。

 

2013年は「0123」の数がそろう年としてスタートの年として良いかも知れませんね。

単なる数字の遊びと言えばそうです。

「うおおぉぉぉぉ!!!」とまではいきませんが、私も心が動く方です。

 

そう言えば、つい先日、史上最大の素数がアメリカの学者によって発見されたというニュースもありました。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA