クリニックを明るくしてくれる絵たち

さくだ内科クリニックには、「院内美術ギャラリー」と呼びたくなるような作品たちが並んでいます。

訪れる方々からは「すごく癒されます。」という言葉をいただいたり

「色が本当に鮮やかで明るい気持ちになりますね。」という言葉をいただいています。

これらは「あがぺエ子供造型教室」の子供たちの絵です。

大人にはマネのできないカラフルな色づかいに目が留まり、心に響きます。

そのイメージの豊かさが、本当にのびのびとした気持ちにしてくれます。

「子供たちの絵画や造形には、その子らしさに満ちあふれた表現が必ずあります。なによりもそれを大切にして、創作することの楽しさと喜びを一杯に感じることのできる、そんな教室でありたいと思います。」

 

教室の先生の言葉です。

子供たちの絵を見ていると、その意味がわかる気がします。

さくだ内科クリニックも、偶然ですが「いつでも どこでも その人らしく」を合い言葉(モットー)にしています。

「その子らしさ」に満ちあふれた絵画の表現が、楽しく喜びに溢れた雰囲気をクリニックの中にかもし出してくれているのは、本当に嬉しいものです。

皆さんも、是非足を運んで、ご覧になりませんか?

 

写真が下手ですが、絵の紹介をしますね。

 

下は、玄関から入ると皆さんをお迎えしてくれるシーサーの絵です。

写真をクリックすると絵が拡大されて鑑賞できるように設定してみました。
gate

問診室の絵は楽しいティータイムのお菓子という感じです。

DSCN2292

下は透析室の入り口にある絵です。やさしい雰囲気が印象的で、「この絵が好き」という方がたくさんいます。

HDfar

診察室の中にはとりわけカラフルな絵があります。受診した方々を明るくお迎えしてくれます。

奥の絵にも思い入れがあるのですが、それはまた次の機会に。

OPDroom

 この絵たちに、本当に感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA